リフォームで『2人リビング』から『友人歓迎リビング』へ

思い切ってリフォームで壁紙の模様替えをしたのは、結婚して、主人の仕事仲間が家に遊びに来ることが増えたことがきっかけです。

私の家の間取りは、リビングダイニングと隣の洋室が引き戸をしまうとひとつながりになるのですが、リフォーム前までは、洋室を寝室として使っていました。

主人の職場仲間が誕生日会などで10人以上来るので、リビングダイニングだけでは狭くて、洋室として使っていた部屋も広く使ってもらえるように、寝室を別の部屋へ移そうということになりました。

寝室として使っていた洋室に、他の部屋にあった、漫画の棚、バーカウンターセット、ウォーターサーバー、そして、キッチンにあった冷蔵庫までも集めることにしました。

主人の職場仲間は若い子が多く、別の部屋にあった漫画棚の前に集まることが多かったので、リビングダイニングでテレビを見ながらしゃべる人と別々に過ごしていて、寂しい感じがしたので、 繋がった洋室に漫画棚を持ってくることで、テレビを見る人、漫画を読む人が別の部屋で過ごさなくて良いようにしたかったからです。

ウォーターサーバーの隣にカウンターを置き、カウンターの上にはコーヒーや紅茶のセットやグラスを設置して、ドリンクを好きなように入れて漫画を読める空間にしました。リビングダイニングにいる人とも普通に話せるので、とても良い空間が出来たと思います。

模様替えをするときは、生活スタイルと導線を考えると良いと思います。それから、『冷蔵庫は普通キッチンにあるもの』などの固定概念を持たないことが面白い空間を作るポイントにもなると思います。

私達夫婦の場合は、友人がよく来るようになったので、みんなが同じ空間で快適に過ごせるようにというのをテーマに考え、他人様の家のキッチンには入りづらい気持ちも考えて、冷蔵庫やグラス類、お酒やコーヒーセットなどをあえてリビングに置いてドリンクコーナーを作るようにしました。

導線としては、ここにグラスがあればスッとドリンクが作れるな…等と動きを想像しながら物の配置を決めました。

PR|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|エステサロンを上手に利用する情報サイト|AGAでお悩み解決|ダイエットチャレンジ100日|健康に役立つ口コミ情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|SEOアクセスアップ相互リンク集|生命保険の選び方|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|注文住宅のための用語集|