暗い玄関はDIYで透明窓ガラスに変えよう!

玄関が暗いのがとても大きな悩みでした。
そもそも込み入った住宅街ですので光が届きにくく、私道がなく、細いながらも公道に面しているので防犯性を高める為、玄関扉の前にあえて壁を据えてあるのですが、それが暗さを増す要因でした。

しかし、それが大切な柱の役目をおっており、移動することもできませんでした。
2×4建築の為、玄関壁周辺に大きな窓が作れないのが原因の一つでもありました。

玄関横に一つだけ小さな窓があるのですが、防犯上すりガラスな上、格子がはめてありました。
パネル状の格子が採光を妨げていたので、ただの組格子状の物に付け替えました。

それからすりガラスをあえて透明ガラスに変更し、ミラーシートを張ることで外からの視線は遮りながらも、内側からはとても視界が開け、明るくすることが出来ました。

元々あった天井に組み込み式の照明をアップライトに変更し、さらに照明を増やすことで直接的に明るくしました。
最後に、照明が当たる部分に飾り鏡を置き、光を反射させて天井を照らすようにすると暗さが解消されました。

 

建物の構造上取り除けない壁や、窓穴をあけられない場合は、窓ガラスを変えることで大きく変わります。
玄関窓は防犯上すりガラスであることが多いのですが、それにとらわれず、是非透明ガラス+ミラーシートなどに変更してください。
視界が開けることで本当に明るく変えることができます。
照明も、下を照らすのではなく、あえて天井に光を戻してみてください。

PR|http://smacia.co.jp/index.html|