レースカーテンの黒カビの落とし方

窓は結露などによって湿気が発生しやすく、カビが生えやすい場所です。
そんな窓に1番近いレースカーテンはカビの餌食になりやすいですね。特に黒カビは白いレースカーテンに目立って汚く見えます。
それにカビは人体にもよくありません。
では、カビが生えてしまったらどうしたらいいのでしょうか。

軽い黒カビなら漂白剤で落とせますが、しつこい黒カビの場合はカビキラーを使います。
まず、レースカーテンを風呂場に持っていきます。風呂場は換気を忘れずに行いましょう。
メガネとゴム手袋を着用してから、カビの生えている場所へカビキラーを吹き付けます。
カビキラーを吹き付けたら10分ほど待ちましょう。
その後はシャワーのお湯でゆすぎながら手揉みで洗います。
手揉みで洗ったら洗濯機で再度洗って、カーテンレールにつけてそのまま日干しにします。

ただ、漂白剤もカビキラーもレースカーテンを傷める可能性があります。
使う時はダメ元という気持ちでいるといいかもしれませんね。

PR|ウォールステッカーでかんたん模様替え